心が 晴れやかで曇りなく

         心が 穏やかな水面のように

         心に 爽やかな風が吹き

         心に あたたかな陽がさす

   …憂いのない こんな清々しい気分でいたいものですね… 

 

 当ホームページを訪れていただいた方々は 次のような気分や症状がありませんか?

 ●塞ぎこむことが多く 楽しい気分になれない

 ●心身ともに慢性的に疲れを感じて やる気が起きない

 ●漠然とした不安がつきまとい 重苦しい気分が続いている 

 ●いつも落ち着かず 集中力に欠け 仕事や日常生活に支障がでている

 ●突然パニックになり  動悸や呼吸困難などに陥り 恐怖を感じることがある

 ●原因のわからない体調不良や体に痛みがあり 不安になる

 ●人混みのなかにいると息苦しくなったり恐怖を感じたりして 逃げ出したくなる

 ●将来に希望がもてなくて 生きていくのが不安

 ●他者から認めてもらえず 自分自身も認めることが出来ず 自分を責めてばかりで苦しい

 ●自分の気持ちを抑えてばかりで 自分らしく生きている実感がない

 ●人と接するのが怖くて 人付き合いが疎ましい

 

人は、多かれ少なかれ、意識・無意識に関わらずストレスをかかえて生きています。

適度なストレスは人を成長させる原動力になりますが、多くのストレスを抱えて処理できずにいると上記のような気分や症状があらわれてきます。

 

虫歯になると、歯の痛みだけでなく、「憂鬱になる」、「イライラする」、「集中力が落ちる」、「歯が抜けるのではないかと不安になる」など、心(精神)的な症状がでてきます。

逆の場合もしかりで、悩み事がある、ストレスを感じる、気分が落ち込む、抑うつ感があると、「胃が痛くなる」、「頭痛がする」、「食欲がでない」、「めまいがする」、「肩がこる」、「動悸がする」、「眠れない」といった身体的な症状がでてきたりします。

このように、心と体は密接にかかわりあっています。そしてどちらかが不健全になるともう一方に影響をおよぼします。

したがって、憂いのない清々しい気分でいるためには、心と体がバランスよく健全であることが必要だということです。

 

歯が痛ければ歯医者で治療を受ける、歯が痛くならないよう予防するように、悩みを抱え心が悲鳴をあげる前に、少しでも早くカウンセリングを受けてください。

こころアナリーゼは、心の疲れほぐし 心の痛みを癒し健全な心をとりもどすお手伝いをいたします。 


心を健全にする3つの要素

メロディー

人は、『持って生まれた気質』、『育ってきた環境』、『社会的背景』などから、その人独自の個性が築き上げられていきます。

この個性は音楽でいうところのメロディと言えます。

 

 こころアナリーゼでは、その人がもつメロディーを明るく心地よいメロディに編曲をして、人生を豊かにするお手伝いをいたします

 

 

ハーモニー

心と体は密接に関わりあっています。心と体が健やかなハーモニー(調和)を奏でてこそ本当の健康といえます。 また、人と人とが関わりあっている社会生活においてもハーモニーは大切です。 

 

こころアナリーゼでは、「心と体」、「人と人」とのハーモニーを築いていくお手伝いをいたします。

リズム

普段は気にすることなく脈打ち続けている心臓ですが、リズム(鼓動)が乱れると、不安になり体調が崩れてしまいます。鼓動と同じように心のリズムが乱れると社会生活や体に影響が及びます。

 

こころアナリーゼでは、乱れてしまった心のリズムを整えて軽やかにするお手伝いをいたします。